アメリカの高校生と交流をしました

1月11日(水)、アメリカのMiss Porter’s Schoolの高校2年生16名と引率の先生2名をお迎えし、交流の時をもちました。本校生徒が英語で司会をし、初めにプロジェクターでお互いの学校紹介、その後はお菓子を食べながら少人数グループで歓談の時間をもちました。女子学院からは生徒会を中心に50人以上の生徒が自主的に参加し、積極的に英語を使ってコミュニケーションをとる様子が見られました。最初は互いに緊張していた様子でしたが、すぐに打ち解け、最後はメールアドレスの交換をしてこれからも連絡を取ることを約束して別れた生徒もいました。

お互いの学校紹介
お互いの学校紹介

Miss Porter’s Schoolでは自分の関心があることについて、適切な先生を見つけることが出来れば授業として成立させてもらえることもあると聞いてJG生は大変驚いていました。

ジュースとお菓子を囲んで楽しい歓談の時

「おすすめのお菓子、どれ?」
「えーっと、これ!チョコレートがすごくおいしいのよ!」
「あ、じゃぁ私、それ食べてみる!」

高校生らしい会話が続きます

「アキハバラに行ってみたいと思ってるのよ」
「私、よく行くよ!○○っていうかわいいお店があってね…」

「さっきの学校紹介で、授業に対しての自由度が大きいことに驚いたわ」
「そうなのよ。私は歴史が好きでね…」

一覧に戻る