標語聖句

女子学院の標語聖句は、その聖句の意味を生徒が1年の課題として考えるように、年度初めに院長が選んでいるものです。

2022年度の標語
「あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。」
(マタイによる福音書5章16節)

創立150周年の行事を通して、私たちは女子学院の歴史を振り返り、卒業生の言葉を聞き、思いを新たにして、次の歴史を築いていくことを確認してきました。また、常に神様が共にいて下さることを確信し、未来に向かって安心して歩んでいけることを知りました。

神様から与えられた賜物を見出し、それを磨いて自らのためばかりでなく他者のために用いること。創立以来大切にされてきた女子学院の教育では、神様からいただいた恵みを、ただ大切にしまっておくのではなく、自ら積極的に用いることを求められています。神様は私たちに様々な賜物をお与えになりました。私たちがなすべきことは、まずその賜物が何であるかを見つけることです。他人よりも何か優れているものを自らの賜物として探そうとする人も多いかと思います。これまで他者との比較、競争の中で評価を得て、認められてきたのであれば、その様に考えるのは自然なことかもしれません。しかし、神様の見方は、私たちの見方とは異なります。「わたしの思いは、あなたたちの思いを、高く超えている。」(イザヤ 55:9)とある通りです。これまでの価値観にとらわれず、自分をあらためて見直してみることが必要です。

神様は私たち一人ひとりを慈しみ、それぞれに恵みの賜物をお与えになりました。それは他者に勝り、秀でたものということではなく、あなたにふさわしいものとして、大切に育てるようにと、神様が与えてくださったものです。私たちは、この恵みの賜物を活かすことができるように努力していかなければなりません。私は何者であるのか、なぜこの場に生かされているのかという問いを発しつつ、神様によって備えられた道を探っていくべきなのです。この道は、自分に与えられた賜物を磨くことによって、しだいにはっきりとしてくることでしょう。賜物を活かすには、神様が私に何を与えてくださったのか、聖書の御言葉に聴きながら、時間をかけて探してみることが大切です。焦る必要はありません。私たちが必要な時に必要なものを見出すことができるようにと、神様はいつも備えていてくださるからです。

「あなたがたは世の光である。」(マタイ 5:14)と主イエス・キリストは言われました。そして、自らを照らす光ではなく、世を照らす光として、与えられた賜物を用いなさいと勧めています。あなたがたの行いによって、存在によって、周りの人々が今まで見えなかったものを、見ることができるようになる。今まで知らなかったものを知るようになる。そのようなとても貴重なはたらきをすることができるようにと、神様はそれぞれに賜物をお与えになったのです。ともし火は升の下ではなく燭台の上に置かれます。これにより、神様が私たちにどのような恵みをくださったのか、その導きが明らかになるのです。

あなたがたが受け取った恵みと賜物を明らかにし、どうかそれを世に示してください。神様の大いなる御業が、あなたをどのように成長させたのか、人々に知らせてください。神様の御心に従って歩む人の輝きは、衰えることがありません。それどころか、賜物が活かされることにより日々輝きを増していくことでしょう。この輝きを大切にしてください。

(院長 鵜﨑 創)

これまでの標語より